コンサルティング

コンサルティング

売却時に必要な費用

無料査定売却相談

「不動産コンサルティング」ってご存知ですか?

不動産コンサルティングは、不動産を所有している人やこれから不動産を取得する人の求めに応じて、その有効活用や取得しようとする不動産の価格査定・事業採算など、不動産の取得、利用、処分その他これらに関連する事柄についてアドバイスや企画提案などを行う業務です。
不動産は、国民生活やあらゆる産業活動、文化活動の基盤をなすものであり、特に最近では、個人の土地所有者の間で、相続税の不安や固定資産税の負担増に伴い、将来のことも考慮した安定収入を得られる有効活用のニーズが高まっています。また、企業などにおいても、不動産に関する種々の問題を抱え、その対応のために適切なアドバイスを求める事例が多く見られるようになってきました。
不動産業者は、不動産の開発や分譲、不動産の売買や賃貸の仲介、不動産の賃貸、不動産の管理等の業務を行っていますが、これらの業務に関連して、日常お客様からの様々な相談に応じており、多くの知識、経験を積み重ねています。しかし、最近の傾向として顧客の不動産に対するニーズの高度化、多様化に伴って、益々高度なコンサルティングが求められるようになってきています。

不動産コンサルティングの活用を

不動産業者には、不動産開発・分譲事業、不動産仲介事業、不動産賃貸事業、不動産管理事業など幅広い業態があります。このような業務に関して、不動産コンサルティングといっても広範で多様な内容を持っています。
どのような場合に不動産コンサルティングを活用したらよいかを以下に例示してみました。

【例1】土地所有者が相続税対策や資産運用上、不動産の処分・取得をしたい場合
処分希望者と取得希望者の双方に時期や方法を具体的にご提案いたします。
  1. 資産価値の判定、処分方法、処分時期に関するアドバイス
  2. 相続時における資産売却に関するアドバイス
  3. 不動産購入に関するアドバイス
【例2】不動産の賃貸借やその他不動産に係る問題についてアドバイスが欲しい場合
不動産に関係ある案件について、依頼者の立場に立ったプランのチェック、その他のアドバイスが欲しい場合
  1. 賃貸用ビルの経営・管理に関するアドバイス
  2. 収益・テナントポリシーに関するアドバイス
  3. 不動産の賃貸借に関する賃料設定、契約、経営管理のアドバイス
【例3】土地所有者が自分で土地を有効活用したい場合
資産を売却せず保有したままで有効活用したいお客様には、その保有土地等の有効活用の具体的プランを作成提案します。
  1. 活用方法(事務所ビル、貸店舗、賃貸住宅など)アドバイス
  2. 設計書、建築業者、管理業者の選択に関するアドバイス
  3. 事業資金の調達に関するアドバイス
  4. 事業収支、テナント等に関するアドバイス
  5. 貸ビルの経営、管理に関するアドバイス
【例4】土地所有者がディベロッパーと共同で土地を有効活用したい場合
コンサルティングを行いながら、土地所有者の方と共同事業という形で有効活用事業を進めます。
  1. 事業方式(等価交換、事業受託、土地信託など)の選択に関するアドバイス
  2. 事業採算、資金調達方式など事業実施に関するアドバイス

弊社の顧問アドバイザー

  弁護士: 藤岡 温  
弁護士: 高橋 裕
司法書士: 田村 昇
税理士: 税理士法人ユニオン 高原 一義

不動産のコンサルティング関する知識・技術といっても幅広い内容がありますので、西日本土地開発株式会社では、依頼者の案件によっては、我が社と業務提携しております弁護士、税理士、司法書士など他の資格者と連携し、協力を求めながら処理いたします。特に複雑な案件では、各専門分野の知識・経験を持つ人材と共同体制を組み、これをコーディネイトして処理させていただきます。

お問合せ先
西日本土地開発株式会社
不動産コンサルティング技能登録者 第2121号
一般不動産投資顧問業 一般第440号
〒700-0083岡山市北区津島新野2丁目2-12
TEL:086-254-0001  FAX:086-254-3335
お問合せはこちら
(財)不動産流通近代化センター「不動産コンサルティング」 (※クリックすると新しい画面が開きます)